人生

バレンタインデーの義理チョコ問題にお返しいらない問題と職場の話

ハッピーバレンタイン!

このブログを書いている本日は2月14日バレンタインデー。

一年の中でも、Xmasに次ぐ『男性も女性も喜怒哀楽の感情が入り乱れる』そんな日だと思います。

  • バレンタインデーで好きな人に告白したり
  • 本命のあの人から貰えて嬉しかったり
  • 誰にも貰えなくて哀しかったり
  • 大好きな彼氏 or 彼女と素敵な日を過ごして楽しかったり

しかし、こういった気持ちが込められたチョコレート最前線とはまた違った『日本の文化的行事』が行われる日でもありますよね。

それが今回のテーマ『義理チョコ問題』。

いわば義理チョコ文化って、どちらかと言えば『無』の感情に近いような文化ですよね。だって義務的なチョコだから。

もうお分かりの通り『私は義理チョコ反対派』ですが、この義理チョコ問題について少し書いてみたいと思います。

 

ゴディバの「義理チョコやめよう」の宣言

最近の義理チョコ問題を語る上で、どうしても外せないのがこの点。

昨年、2018年バレンタイン商戦を前にして、日経新聞の広告に載せられた文章が話題になりましたね。

日本は、

義理チョコをやめよう。

※2018年日経新聞に掲載されたゴディバの広告見出し一文から引用

昨年の事ですが、これは未だに覚えている何とも印象的な広告コピーというか、広告戦略でした。

しかし、あくまで『義理チョコ』ですのでゴディバ自体で販売は行っており、逆に世の女性・男性問わず共感を得て、販売拡大に繋がったのではないかと思っています。

意図しているかどうかに関わらず、結果的に、毎年加熱競争するチョコレート商戦からそうして一歩抜け出したのではないでしょうか。

まぁやっぱりキチンとした定番人気のチョコレートブランドと言えば『コディバ』ですから、自らこういうネガティブPRを行った所で売上が落ちるどころかブランドイメージの向上に繋がり、プラスになった感は大きいと思います。

 

 

職場でも義理チョコ無しの通達が

私の職場でもこれまでは、

・バレンタインデーに、女性陣が義理チョコを贈り

・ホワイトデーに、男性陣がお返しをする

という事を例年続けてきましたが『ゴディバの義理チョコやめよう宣言』と『世の中の流れ』からか、今年2019年は会社的に「義理チョコを廃止しよう!」という通達がなされました。

社長からの一言なので実際にどう思っていたかは分かりませんが、女性社員は納得していたように感じます。

しかし、一部の社員・パートの方には浸透されておらず、結果的に義理チョコを持ってきた人とそうでない人がゴッチャになってしまいました。

 

 

職場で貰った義理チョコがまさかの『ゴディバ』

そして職場の方から貰った義理チョコが『ゴディバ』という何という面白い結果に。

前述の広告コピーはどこ吹く風状態。

別にゴディバの義理チョコを頂いたからブログネタにしようと思い書いている訳ではなく、元々義理チョコについてブログ記事を書こうと思っていた所に舞い込んで来た形です!笑

ただ、義理チョコ反対派の私的にも、やっぱり義理チョコと言えど『ゴディバ』であれば貰ったら嬉しい気持ちはありました・・・。何より嫁が喜んでたので、それが良かった!

仕事辞めたい人の嫁
仕事辞めたい人の嫁
バレンタイン時期って昔から楽しみで、自分の父親が貰ってくるチョコレートにがっついていました(笑)

 

 

義理チョコの「お返しはいらない」という言葉の意味

職場の方から義理チョコをいただいた時に、実際言われました。

「ほんの気持ちだから、お返しはいりませんので」という風に念を押して何度か。

でも、まぁお返ししない訳にはいきませんよね。。。

そのままの言葉の意味で受け取ったらマズイですよ!皆さん!!

 

 

義理チョコを贈るという事に対して思うこと

個人的な意見です。

義理チョコとは『いわば義務的に贈る』という事であり、そこに気持ちが無いのに贈るのは何故?ってどうしても思ってしまいます。

基本そういう義務的に何かをする事って好きではありません。

頂いたのであれば当然お返しはするし、自分の性格上、義理チョコであろうがホワイトデーのお返しの際には相手一人ひとりに対して「何がいいだろう?」と考えながら喜んで貰えるお返しを考えたいと思っています。

バレンタインデーで頂いた際にはどうしても『喜び』よりも、先々の事を考えて『お返しの悩み』が発生してしまいます。

まぁこれは性格上の問題なので、しょうがないですが、そこが煩わしい点でもあります。

あと正直な所『大抵の場合、頂いた物よりも高い値段で返さなきゃいけない』という事も気持ち的に嫌ですね。

あっ、本命で贈られたら話は違いますよ!!笑

 

 

妻と子供から貰った「本命」のクッキー

妻と子供からの手作りクッキー
妻と子供からは『手作りクッキー』を貰いました。しかも、子供の手形がデザインされたやつ!

こういうのはとても良いのよね! スゲー嬉しい! ホワイトデーのお返しどうしてやろうか! オラワクワクしてきたぞ! 状態よ。

今現在、妻は子育て・育児で日々忙しいので、貰えるかどうか50:50位かなーって勝手に思ってたけど、貰えて嬉しかった!

ところで、これは本命のバレンタインの贈り物って事でいいんだよね?笑

 

 

では、ホワイトデーでのお返しどうするか


時は2月14日、今この瞬間から3月14日までの1ヶ月間『ホワイトデーへの準備期間』がスタートしました!

私と同じように『義理チョコ反対派』にも関わらず望まない形で職場で貰ってしまった方も多いのではないでしょうか。

それはそれ、コレはコレでお返ししなければいけませんが、私が超絶おすすめするホワイトデーのお返しを紹介したいと思います。

今回話題にした有名ブランドである『ゴディバ』などの人気ブランドから選ぶのもいいですが、チョコレート好きの知る人ぞ知る『バニラビーンズ』を是非チェックしてみてください。

【送料無料】バニラビーンズ ショーコラ&パリトロ お試しセット 7個入 チョコレート スイーツ 詰め合わせ

 

彼女へのお返しで検討されている場合は・・・

店舗はみなとみらいの赤レンガ倉庫から程近く、店内もカフェもおしゃれで、みなとみらいデートがてら行くのもありですね。東京・神奈川にお住まいの方は是非検討してみてください!

頻繁にお店行っている私が自信をもっておすすめします。

チョコレート好きにオススメのバニラビーンズ
チョコレート好きは行くべき『バニラビーンズ横浜』で子連れカフェ!チョコレート専門店のバニラビーンズ。店舗内には工房とカフェが併設されており、一部商品は店舗内でカカオ豆の焙煎から作り上げるスイーツが堪能出来ます。...

 

↑もし奥様などから貰っていなくても、日頃の感謝を贈るキッカケとしては『ホワイトデーのお返し』というタイミングは使えると思うので、そういう方も是非ご覧ください!

 

 

まとめ

以上、『バレンタインデーの義理チョコ問題に「お返しいらない」と言われる問題』という内容で書いてきました。

改めてバレンタインデーって、日本の文化である『本音』と『建前』が色々と表されているなと感じました。

「いらない」っていうのに「いる」って何なんだよと・・・。しかしまぁ再三述べてきているように、とにかく返さなアカンのです。

私自身もホワイトデーのお返しに悩み始めている所ですが、『バニラビーンズ』は過去お返しした事があるので、一応コチラもウォッチしつつ他のお店でも検討してみようと思います。

その点、何か参考になる記事が書けたら書いてみたいと思います。

ではまた!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。